男の濃いすね毛を薄くする方法

女性に見られても恥ずかしくない!濃いすね毛の処理方法

濃いすね毛(もじゃ毛)は、女性から見てどうなのか?

 

すねの毛

 

実際に多くのテレビや雑誌で紹介されている記事は、嘘や偽りがかなり多い。

 

これは事実!

 

でも、リアルの女友達に俺のすね毛って濃いやろ?

 

「ぶっちゃけ、どう思う?」と聞いたところ、グサッと刺さるような答えが返ってきた。

 

リアル女性の本音

 

噂

 

・最初は正直キモかった

 

・毛むくじゃらの足は出来れば見たくない

 

・濡れたときは超キモい

 

・毛深いのは苦手

 

このような本音をズバッと言われた。

 

これでもオブラートに書いてるのだが、実際はもっとキツイ言い方をされて、ハンカチ片手に泣きそうになった・・・。

 

そのくらい毛深いすね毛は評判がよくない。

 

もちろん、普段は短パンをほとんど履かないため、もじゃもじゃの毛は隠している。

 

ただ、一つ気になる本音も聞けたので紹介したいと思う。

 

・ある程度すね毛を処理(すいて)してくれれば問題ない

 

このような意見を聞けた。

 

つまり、濃いすね毛はNGだが、ある程度身だしなみというか、すね毛を処理していれば問題ないそうだ。

 

要は、もじゃもじゃの濃いすね毛が生理的に受け付けない女性が多いということだ。

 

しかも年齢が若くなれば若くなるほど、この傾向は強くなる。

 

もちろん、「男の濃いすね毛が好き!」という女性も中にはいるが、確立からいくとかなり低い。

 

そんな確立の低い勝負に行くくらいなら、もっと勝負できる確立を上げたほうがよっぽど賢い。

 

つまりは”濃いすね毛は処理しろ!”ということになる。

 

男の濃いすね毛処理方法

 

すね毛処理をする場合、大きく分けて2つある。

 

脱毛とトリマーですく処理方法だ。

 

先ほど紹介したように、女性はある程度すね毛を処理してくれれば問題ないそうなので、別にツルツルになる脱毛をする必要はない。

 

肌にダメージを与えずにすね毛をすく

 

男は基本的に肌が弱い人が多く、濃いすね毛を薬品を使って脱毛や処理すると肌が荒れたりすることがよくある。

 

せっかくすね毛を処理しても、肌がボロボロ・カサカサでは意味がない。

 

今度は肌荒れが気になり、結局は自信を失ってしまう。

 

そこでオススメなのが、先ほどから紹介しているようにムダ毛は剃らずに「梳く(すく)」方法だ。

 

体の毛を「短く」「少なく」できるため、自然に減らして薄くできるのが魅力である。

 

現在私が使っていてオススメなのが、「GB ボディ ヘアトリマー」である。

 

GBボディヘアトリマー

 

使い方は超簡単で、濃いすね毛に対して下から上にすくだけ。

 

これだけで長くてもじゃもじゃなすね毛がキレイに整っていく。

 

注意事項としては、1回すくだけでは剃り残ってしまうため、何度か同じ箇所をすく必要がある。

 

また、脱毛をしているわけではないので、適度な感覚ですかなければならない(私の場合、1週間に1回程度)。

 

ただ、これだけでも濃いすね毛もキレイに整うし、太ももや腕・胸毛などにも利用できるので超便利である。

 

実際にすいた後の足を女友達に見せたところ、「全然いいやん!」「それやったらOK!」という返事をもらった。

 

要はひげと同じで、身だしなみとしてすね毛も整えれば女性に嫌がられないことがわかった。

 

値段も500円程度なので、持っていて損はないだろう。

 

脱毛ですね毛をツルツルにする

 

今度は脱毛で濃いすね毛からツルツルの足にする方法を紹介したいと思う。

 

ただ、脱毛は肌が弱い人には向いていないので、除毛クリームなどを使う際は、パッチテストなどで確認してからするようにしてほしい。

 

ちなみに私は肌が弱く、除毛クリームで肌荒れを起こしてしまい、せっかくの海も行けなくなった過去がある。

 

使ったのはドンキホーテで購入したPIKATURUHADAという除毛クリーム。

 

PIKATURUHADA

 

もちろん、全ての人が炎症を起こすわけではなく、この商品が私に合わなかっただけである。

 

除毛クリームは肌に合わないと思っている以上に炎症を起こすことがあるので、十分注意してほしい。

 

さて、脱毛の話の前に1つ言いたいのが、「ツルツルの肌は嫌」という女性が多いと紹介されることが多いが、実はこれはでたらめである。

 

今の若い世代はツルツル肌の方がむしろ好感度が高く、彼氏にもツルツルの肌の方が良いという子は多い。

 

これは女友達にも言われたので、信憑性は高い情報だと思う。

 

そのため、女性に嫌われるかもと思って、すね毛を脱毛するかどうか迷われている方は、安心して除毛して問題ない。

 

T字カミソリを使う

 

手軽にすね毛を脱毛できる方法として、T字カミソリがある。

 

普段使っている髭剃りクリームや石けんを使うことで、なめらかにコストをかけずにムダ毛を処理することが出来る。

 

ただ、肌荒れで赤いポツポツができやすく、しっかりと保湿ケアする必要がある。

 

また、毛を根こそぎ処理しているわけではないため、すぐにチクチクした毛が出てくるのが難点である。

 

すね毛が薄い人なら問題ないが、濃い人は剃った後に黒いのが逆に目立つため、あまりオススメしない。

 

除毛クリーム

 

除毛クリームは様々な商品が販売されており、実際にどのメーカーがいいのか難しいところだ。

 

ただし、除毛クリームは肌の刺激が強いため、極力肌の刺激が弱いものを選ぶことをオススメする。

 

オススメなのは「メンズ専用 NULLリムーバークリーム」。

 

NULLリムーバークリーム
楽天1位獲得【メンズ専用 NULLリムーバークリーム】

 

除毛クリームの中でも刺激が弱く、しっかりと脱毛できるものとして人気であり、昔から有名な商品なのでオススメである。

 

こんな感じで濃い毛がゴッソリとれる!

 

腕の脱毛

 

めっちゃツルツルして美肌の完成!!

 

ただ、すね毛が取れた後はめっちゃ気持ちいいが、その後の脛のケアを十分にしなければ肌荒れする危険があるため、保湿ケアは確実にしてほしい。

 

また、元々毛深い人は毛が生える周期も非常に早く、チクチクするのもあっという間である。

 

それを抑えてくれるアイテムとして、「パイナップル豆乳ローション」というものがある。

 

パイナップル豆乳ローション
【パイナップル豆乳ローション】

 

パイナップル豆乳ローションは、ムダ毛処理をした後にケアするローションで、肌のダメージを抑え、次のすね毛が生える周期を徐々に遅くしてくれる効果が期待できる。

 

女性誌によく掲載されているため女性の商品と思われがちだが、男性の購入者も多い。

 

脱毛はあくまでも現在の濃いすね毛を一時的に処理しただけであり、しばらくすれば元の濃いすね毛の状態に戻る。

 

しかし、このパイナップル豆乳ローションを利用することで、徐々に濃いすね毛が薄くなり、ムダ毛処理が楽になる。

 

からだ全体に使えるのも魅力である。

 

メンズエステで脱毛する

 

永久脱毛など踏まえ、本格的に毛を処理したいときにオススメするのがメンズエステの脱毛である。

 

光脱毛など様々な施術方法があり、どのようにしたいかを専門家に相談しながら出来るのが魅力である。

 

最近ではすね毛の永久脱毛を始め、ワキ・ひげを脱毛する男性も増えている。

 

ただし、値段が高く、1年近くかけて施術する必要があるため、ある程度余裕がないと厳しい。

 

もちろん、月に一回程度の感覚なので、仕事などがあっても問題なく通うことは出来るが、思っている以上に痛く、途中で施術をやめる人も実は多い。

 

メリットは濃いすね毛がほぼ生えなくなるため、コンプレックスを解消することができる点。

 

まとめ

 

熊のような濃いすね毛は、女性のウケは良くない。

 

ただし、女性誌などで書かれている「ツルツルの肌は嫌い」というのはデマであり、今の若い世代はむしろツルツルの方が好まれる傾向にある。

 

そのため、最低限の身だしなみとして、毛をすいたりすることは必要だと思われる。

 

特に若い女性からモテたい、または彼女にしたい方は整えるべきである。

 

コンプレックスは誰もが持つ悩み。

 

だが、濃いすね毛の悩みを抱える男性のコンプレックスは解消することができるため、自信を持って女性と接して欲しい。